100シーズン2エピソード1レビュー:48


このレビューにはネタバレが含まれています。


2.1 48

誰も期待していなかった ハンドレッド 成功するために。これは、シーズン半ばの番組であり、ヤングアダルトの本シリーズをテレビのヒット作に適応させるというCWのもう1つの試みでもありました。これは、ネットワーク上で断続的に成功することしか見られない目標です。しかし、それはヒットであり、シーズン2のプレミアには、当時よりもはるかに多くの注目が集まっています。



このプレミアが期待に応える以上のものであるのは良いことです。そして、ペースの速い、アクション満載の時間で、主人公が対峙するための新しいものの群れを紹介します。それはまた、同じレベルにあることを何度も証明しています 失われた 美味しく魅力的なWTFの瞬間という点では、シーズン1での出発から続き、エピソードの最後の瞬間まで続きます。


ギャングは分裂しており、それ自体が信じられないほどの可能性を秘めています。私たちが戻ってきたとき、クラーク、ジャスパー、モンティはマウントウェザーにいて、ベラミーとフィンはグラウンダーと一緒にいて、リンカーンとオクタビアは走っていて、マーフィーとレイヴンは彼らの差し迫ったことについてお互いを慰めるというあまり良くない仕事をしています死亡者(数。エピソードの終わりまでに、2つのグループ(およびJaha)に絞り込みましたが、クラークがベラミーとフィンと再会するまでにかかる時間は不明です。

マウントウェザーはとてもいいので、すべてを考慮し、クラークに温かい食事、快適なベッド、画材へのアクセスが自家製の槍や毒矢よりも優れていると納得させるのにそれほど時間はかかりません。彼女は明らかに警戒を緩めるつもりはなく、私たちは彼女にそうさせたくありませんが、大統領が友人か敵かを理解している間、彼女と他の人々が少なくとも自分自身を喜ばせようとするのを見るのは確かに興味をそそられます。

彼らが言うように、そこに住んでいるのは地球の放射線に耐えられない人たちであり、グラウンダーはなんとか生き残った人たちです。百人は宇宙で生まれ育ったので、自動的にそれに抵抗します。そのため、着陸したときに誰も死にませんでした。これは、とりわけ、外の致命的な空気に脆弱な人々をさらさずに逃げる方法がないことを意味しますが、それはクラークが去る時が来たときに彼女の心の後ろに提出したと確信している脆弱性です。


シーズン1 ハンドレッド 生き残ることがすべてでしたが、今シーズンはかかっているようです ウォーキング・デッド 「生きることを恐れる」というアプローチ。百人は彼らが彼ら自身の間で悪い戦いをし、グラウンダーに反撃したと思ったかもしれませんが、文明の侵入は実際には彼らに良いよりも害を与えるかもしれません。ダンテ大統領は明らかに旧世界秩序を代表することになっていますが、彼が現在担当しているというケインの宣言は、ショーの文脈で得られるのと同じくらい不吉です。

若いキャラクターは、かつて課されていた規則や規制によって最も傷ついた社会のメンバーであり、ベラミーや他の人たちは、ケインとアビーがやって来て、いじりに親切にするつもりはないことを私に教えてくれます彼らが作った世界。

しかし、グラウンダーもまだ活躍しており、リンカーンは毒に対する解毒剤を見つけるためにオクタビアをキャンプに連れて行った。彼らは裏切り者に対処するかなり厄介な方法を持っている、と彼は彼女に言います、そしてそれで私たちはオクタビアが彼らの奇妙な小さな社会に歓迎されるか、彼女とリンカーンが急いで退出する必要があると推測できます。それだけでは不十分な場合は、森の中に不気味な怪物もいます。


このエピソードには、幻の赤ちゃんの泣き声、リンカーン像(ついに場所を明らかにする)、無関係のモンスター、そしてマウントウェザーチーフと一緒に何が起こっているのかなど、たくさんのことが詰まっています。の最初のシーズンと同じくらい素晴らしい ハンドレッド 結局のところ、これは重要なステップアップであり、彼らがこれをどのように維持していくのか不思議に思うでしょう。

キャロラインを読む 100のシーズン1フィナーレ、We Are Grounders Part IIのレビュー、こちら

私たちに従ってください より速いニュースと悪いジョークのためのTwitterフィードはここにあります 。そして私たちになります Facebookの友達はこちら 。


著者

リック・モートン・パテルは34歳の地元の活動家で、一気見の箱入りセット、ウォーキング、劇場を楽しんでいます。彼は頭が良くて明るいですが、非常に不安定で少し焦りがちです。

彼はフランス人。彼は哲学、政治、経済学の学位を持っています。

物理的には、リックはかなり良い状態です。